Tue, August 21, 2018

ご無沙汰です。     by 大西 匡哉


ご無沙汰です。     by 大西 匡哉      2008年02月21日06:36


昨日モンバサからナイロビに戻ってきた。
ミリティーニでの生活で気持ちがだいぶほぐれた感じ。年末からピリピリしっぱなしだったのだ。
村の生活も大変ですが、みんな元気にがんばっていました。
バーティが日本のみんなによろしくと言ってました。 

今日は青い空の下、キベラのグラウンドでサッカーの練習試合が行われ、マゴソFCと近所のキコシェップFCが対戦するというので、
子供たちと一緒に観戦に行ってきました。

青いユニフォームに身を包んだマゴソは、前半15分、8年生のボンケがこぼれ球を押し込んで先制。
が、その10分後に同点に追いつかれる。
そのまま同点で前半終了し、後半へ。
ディフェンダーのケネディが終始ボールにくらいつき相手の攻撃を止める。
後半10分、またしてもボンケがゴール前でもつれながら押し込み2-1。
その後8年生のフレッドが華麗なミドルシュートをぶち込んで3-1に。
応援に駆けつけた子供たちも大喜び。
そして終了間際ダメ押しの1点をオセンゴが入れ、4-1でマゴソが圧勝しました。

マゴソFCがこれほどとは驚き驚き。攻撃の要のボンケ、フレッド。それと終始動き回って相手の動きを止めたケネディ。
いやぁなかなかいいチームじゃないか。

子供たちも、コーチのオギラとアイザックも、みんなメチャクチャうれしそうだった。
学校に戻ってから校長のリリアンにマゴソが4-1で勝ったよというと、
「えー!!!そんなバカな!!!あの子達が勝ったのー?信じられないーっ!!!」
と喜んでました。

マゴソFCはこれからトーナメントに向けて、毎日練習に励むそうです。

話は変わって今日からカテンベの学校が1学期の中休みに入りました。
学校に復帰して1年がたちましたが、健やかにのびのびとがんばっているのが伺えます。
プリフェクトに選ばれてから、先生達の信頼も厚く、特に校長先生から特別の信頼を受けているようです。
今年からダンスクラブに入部し、来月のコンペティションに向けてメキメキ上達しているとか。

政治はアナン調停が難航し、結局一歩も進んでいないようです。
再選挙、再集計は無し。パワーシェアリングも両者の言い分がかみ合わず、あきれるばかりです。
ODMのデモがまた来週の水曜に設定されましたが、どうなることやら。
一昨日はマザレで400軒の家が焼かれ、今日もマザレで火の手が上がっています。
明日はキベラで何かが起こると噂されていますが、どうなるのでしょう?
見たところ多くの人達は現実に目を覚まし、冷静さを取り戻しているように思います。

プロテストの根は、もとをたどればアフリカ大陸に征服者たちが勝手な国境線を引いた植民地時代にまでさかのぼってしまうし、
土地、人権など、各地で生まれた問題は今だ山積状態だが、アフリカには独特のアフリカ人的なやり方があって、その方が絶対うまくいく気がする。

どんな状況でも、日々生活していくことには変わりないのだから、やさしく、楽しく、生きて、活かして行きたいと思うのだ。


2月24日のイベントの開始時間と終了時間が変わりました。詳細は、こちらをクリックしてください。→

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*