Wed, October 17, 2018

再度のお願いです。


10月30日のブログでもおねがいしたのですが、

http://ameblo.jp/maishayaraha/theme-10004848531.html

再度、お願いです。



沖縄県本島の北部、東村にある小さな集落である高江にある米軍の「ジャングル戦闘訓練センター(北部訓練場)」に危険なヘリパットを建設工事が進めらています。
集落を取り囲むように6箇所も予定され、 すでに着工がはじまっています。



高江は沖縄の水がめの源となる清流や、
天然記念物ヤンバルクイナたちが暮らす森に囲まれた 人類にとっての宝とも言える
自然ゆたかな地域です。



その自然が破壊され、そこに住む人々の穏やかな

生活が奪われつつあります。

今、現在も、建設を阻止するために座り込みを

続けている人々がいます。

秋ツアーの途中、Masaya&Bati+Shin-Changも座り、

人々を励ますために演奏をしてきました。



開発段階から事故を多発して米本国では使用禁止になっているオスプレイという航空機の配置も予定されているそうで、民家や学校などへの騒音や墜落の被害が懸念されています。
中には引っ越しを余儀なくされる人もあります。
沖縄では、代々住んできた土地を離れるということは大変なことなのです

また、環境に対する影響調査も一応行われてはいるのですが、建設が前提のずさんなもので、違法性が指摘されています。
この地域には天然記念物のノグチゲラやヤンバルクイナを始め、多くの種の貴重な生物たちが生息しています。

世界遺産の候補に三度ももなっている、世界中でも貴重な場所です。
もしヘリパッドが建設されれば、この地域の環境への影響は計り知れません

そしてみなさんご存じでしょうか?
イラクやアフガンなどを攻撃する米軍の戦闘機は、

沖縄から飛んでいるのです。
「戦争はしない」と憲法でうたっているこの日本から、戦闘機が飛び立っているのです!
海外では、オキナワは戦闘機の飛び立つ恐怖の島として知られています。
欧米からの観光客が少ない理由が分かります。
沖縄をこれ以上に悪魔の島にしたくない!

このヘリパッド建設計画の中止を求めて、

「ヘリパッドいらない」住民の会が国会誓願署名を集めています。
現在5800筆で、予定よりも少ない数字にとどまっています。
国会で取り上げられるためには、15.000人の署名が必要です。
12月いっぱいを目処に集約されるそうです。
最後のスパートということで、

みなさんにも署名のご協力を、

どうかよろしくお願いします!
手軽なネット上の署名ではなく、手間暇のかかる直筆署名ならではの説得力があります。
これは現場で座り込む以外に遠くのみなさんも参加できる方法です。

署名用紙を以下からダウンロードし、プリントアウトしてご利用下さい。
用紙いっぱいの署名が集められなくても、あなた一人だけの署名でもかまいません。



どうか、沖縄の自然を守るために、地球の平和のために、未来の大人達である子ども達のために、ご協力下さい。

日本での出来事は、遠くアフリカへも影響します。

よろしくお願いします。
http://okinawaforum.org/disagreeblog/takaeshomei.pdf

高江の住民の会のみなさんの切実なる訴えは以下のblogから。
http://takae.ti-da.net/

 

タグ: ,

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*