Wed, November 22, 2017

白馬で投げ銭ライブ


月10日 水曜日 p.m.8時~
白馬五竜 カフェアリバアリバ

~夏の大安売り~
入場無料(投げ銭)

出演(ライブ)
スパン子 大西匡哉、尾引浩志

踊り子(ベリーダンスを基本に独自のダンスを披露する踊り子たち)
Tida あさみ JUNKO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんのプロフィールはこちら
___________________________________________________________________________________________________

スパン子 

ピアノ、アコーディオンによる弾き語り。
2006年に結成された福-fuku-(http://fuku.gorey.jp)で、ノルウェー、ブルガリアなど、ヨーロッパへも活動を広げながら、ソロ活動も開始。スパン子独自の世界観をアコーディオンとピアノの弾き語りで切なく、優しく、力強く表現している。
2010年5月に1st ソロアルバム『spannkosmo』を全国発売。発売記念ライブではホール四方にスピーカーを立て、15人の演奏者が真ん中で演奏するという形で、なんとも幻想的な宇宙『SPANNKOSMO』をつくりあげ、好評を博す。
ソロ活動を中心に、イラストレーターcolobockleのDVDアニメーショ ンの音楽制作(福-fuku-)、WEBアニメーションの音楽、熊坂出監督のショートフィルム「じかんのじかん」のエンディング曲など、いろいろな形で精力的に制作。

_______________________________________________________________________________________________________________

大西匡哉

1974年生まれ。神奈川県出身。パーカッショニスト。ケニア在住6年目。
ジェンベを独学、ストリートミュージシャンとして日本全国のファンを引き付けてきた。
藤沢出身のジャムロックバンド「らぞく」に新しい風を吹き込んだパーカッショニストとしても活躍。
2004年からケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ人の村で、
伝統音楽家スワレ・マテラ・マサイ氏の20人目の息子となり、伝統音楽の修行を続けている。
2004年11月、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。
知られざる伝統音楽の発掘、CDや映像制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。
2005年6月、CD「センゲーニャ~東アフリカの伝統音楽 ドゥルマ・ディゴ・ラバイ」、
「TWENDE NYUMBANI~キベラスラムの歌声 Vol.1」をリリース。
2006年2月、「カテンベ救済基金」開始。
2006年にCD「MILELE~キベラスラムの歌声 Vol.2」
2008年にCD「Tupendane~アイシアオウ!」
2009年にCD「MASAI~東アフリカの伝統音楽 マサイ」をリリース。
2009年3月、早川千晶・永松真紀と共にドキュメンタリー「マサイのいま~伝統と変化のはざまで」の制作を開始。
2009年4月、マゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」の制作を開始。
カテンベ救済基金:
http://keepmusic.exblog.jp/
マゴソTV!
http://www.youtube.com/user/sauti15?feature=mhee
マイシャ・ヤ・ラハ基金: 
http://www.maisha-raha.com

_____________________________________________________________________________________________________

尾引浩志

電気を使わずに、生身の身体で倍音を紡ぎだし、まるで電子楽器による
トランス音楽のような音の世界を作り上げる、人間シンセサイザー。
南シベリア、トゥバ共和国に伝わる倍音唱法「ホーメイ」、手のひらに入る
小さな倍音楽器「口琴(こうきん)」と出会い、倍音の魅力に、どっぷりとハマり、
倍音楽団その名も「倍音Sばいおんず」を結成。
その後、ソロとなり、日本全国、海外でも演奏活動を展開し、
倍音の魅力を伝承中。
2006年度には、これまでにない、エキセントリックな幼児向け音楽番組として
話題を呼んだ、NHK教育テレビ「あいのて」にレギュラー出演。番組終了後も、
バンド「あいのてさん」のメンバーとしても、活躍中。
尾引浩志(倍音S)
http://vions.com/
あいのてさん
http://ainotesan.kenkenpa.net/ai-note/toppage.html

_________________________________________________________________________________________________________________

Tida(ティダ)とは琉球語で=太陽を意味する言葉である。

ベリーダンスを基盤に、パントマイム、アフリカン、インド舞踊等色々な要素を
取り入れ、またヨガインストラクターの資格を持ちその柔軟性も加わり自身が手
がけるショーでは、衣装や音源にも拘っており、独特な雰囲気は唯一無二である。
多数海外にも足を運び様々なジャンルのダンス、ショーの見せ方など学び
[客を楽しませる]を追求中。

____________________________________________________________________________________________________________________

あさみ
タカダアキコに師事。ベリーダンスのテクニックをベースに、踊りと音楽を直結させる身体の使い方や、表現方法を追求している。音楽から見える世界を、繊細かつ大胆に表現。枠にとらわれない踊りにファンは多い。ソロ、グループでレストランショーなどに定期的に出演中。一児の母。
http://ameblo.jp/asami-bellydance-life

_____________________________________________________________________________________________________________________

JUNKO
2002年よりベリーダンスを始める。MAHA、タカダアキコ、E-chanに師事。
「音を楽しみ、共に奏でる」踊り手を目指し、優雅と陽気、静と動のエッセンスを探求している。見るものを陽気な空気に包み込む踊りが注目されている。Dance Studio TiTi インストラクター。
http://ameblo.jp/tokyo-gypsy/

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*