Fri, December 15, 2017

東アフリカ飢餓


東アフリカが大変なことになっています。記事読んでください。

ユニセフ、アフリカ東部の干ばつ悪化を予測
2011年07月17日付 al-Quds al-Arabi紙

■国連機関、アフリカ東部の干ばつ悪化を予測
■数百万人が飢餓、50万人の子供が死ぬ恐れ

2011年07月17日『クドゥス・アラビー』

http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/src/read.php?ID=23326

*****************************************

いまケニア中でケニア人たちが飢餓のケニア北部の人たちに食料を届けようという募金集めをしています。Kenyans for Kenya というキャンペーンで、サファリコムという携帯電話会社のM-PESAという携帯送金システムで募金できます。
これがいま、毎日何回もラジオでも流れ、携帯電話のSMSでも流れて拡散しています。
ケニアのアーティストたちもチャリティ募金イベントをやったりなどして、すごい勢いで募金が集まっています。私も今日これからM-PESAで募金しようと思います。

昨日のDaily Nation紙の記事↓

■Kenyans for Kenya fund hits Sh500m

http://www.nation.co.ke/News/Kenyans+for+Kenya+fund+hits+Sh500m/-/1056/1214256/-/4x4wxnz/-/index.html

■集まった募金金額がオンラインで見れる。
http://www.kenyansforkenya.org/

このKenyans for Kenya Initiative のキャンペーンがはじまって、わずか1週間足らずで、
一般のケニア人市民から寄せられた募金金額は一億円にもなったそうです。(100million shillings )

*******************************************

youtubeにもいろいろUPされているみたいだから見てみてください。
私はネット環境が悪くて内容を見れていませんが、以下もニュース映像なのではないかと思うんですが見てください。

■Kenyans for Kenya Initiative

YouTube Preview Image

********************************************

そしてこんな記事も。
このダム建設計画はその後どうなっているのでしょうか? 知ってる人おしえてください。

■ケニアの環境団体がデモ、巨大ダム建設に協力する中国に抗議
2011年02月24日
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2786828/6848013

ケニアの環境保護団体「フレンズ・オブ・レイク・トゥルカナ(Friends of Lake Turkana、FOLT)」は20日、隣国エチオピアのオモ川(Omo River)にできる予定の大型発電用ダム、ギベ第3ダム(Gibe III Dam)の建設に中国企業が参加していることに抗議し、ケニアの首都ナイロビ(Nairobi)の中国大使館前でデモを行った。

FOLTは、ケニアのトゥルカナ湖(Lake Turkana)の水源でもあるオモ川にダムが完成すれば、オモ川下流域とトゥルカナ湖の脆弱(ぜいじゃく)な生態系が破壊され、この地域で農業、漁業に従事し家畜を飼っている50万人の貧困民を飢餓と紛争に追い込むことになると警告を発している。

早川千晶
タグ: , ,

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*