Tue, August 21, 2018

ダンドラ       by 神戸 俊平先生


こちらは、ケニア在住の神戸俊平先生による手記です。
掲載のご許可をいただき掲載いたしました。

ダンドラ       by 神戸 俊平先生    2008年01月15日04:47

14日の大使館smsは「明日の国会周辺道路封鎖、治安悪化」
ウガンダ兵が進駐してくるらしい。
その現政権不満分子といわれるムングキの本拠地ダンドラへ、車壁がブルブル震える程レゲをかけ、
TV付き大型マタトゥに日本人6名で行った。北方キクユ地域行き鉄道線路が突っ切る広大なスラム反スラムだった。
ムングキは貧困スラム住民・ごみ集積地ダンドラのスカベンジャー・クワレ(石採掘場)の石工達からなる赤白衣に
帯締めたキクユ系の連中、ケニア山を拝し、伝統を重んじる(初代大統領の息子ウフル・ケニアッタが担ぎ上げられた
ーあるいは後押し。どこかの国の錦の御旗に集まる右集団に似ている)集団。
02年総選挙ではルオを襲撃した。
ダンドラでは「ムングキは一掃された。近くのスラム・カヨレはODM地域で近寄れない」というキクユ住民だった。
暴れないでもらいたい。

付記;近くのスラム・フルマには日本人ハーフ・ジャマールさんが忍び住んでいた(父親ナカムラ、母親ソマリア。
ナカムラはODAモンバサ・ニエリ橋工事請け負った住友建設の日本人)。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*