Thu, October 18, 2018

国会開催中  by 神戸 俊平先生 


こちらは、ケニア在住の神戸俊平先生による手記です。
掲載のご許可をいただき掲載いたしました。

国会開催中     by  神戸 俊平先生          2008年01月16日06:31

15日深夜、国会では議員の宣誓式が続けられています。午後2時から国会開催されました。
キバキ大統領は大統領席に、オディンガは野党代表として席に着きました。
議長選出から始まりました。与党カパロ氏と野党マレンゲ氏の秘密投票。三分の二を獲得しなければ。
三回目に投票結果与党101票、野党マレンゲ105票で当選。野党の連中は大喜びで、司法官が国会でダンスしないでくれ、
とアナウンスしていました。副議長選出は一回目に105票獲得したので与党候補が自ら下りました。議長、副議長は野党出身者になりました。
議員数は207名。3名の欠員です。そのひとつはマジェンゴ選挙区で、開票場には投票箱が転がっていて、2月再選挙です。
ニャガ議員でしたが隣の候補の学歴のなさをなじっていて、マジェンゴ選挙民があきれていました。
もうひとつはキルゴリス選挙区でマサイとカレーの混合地域でした。(ルワンダのジェノサイトに関わった元大臣が身を隠していたと言われるところです)
議長の宣誓が始まりました。野党出身ですがケニアの大統領に宣誓したところから、動議が出ました。
大統領という個人に宣誓したのではない、と明言しました。すぐオレンゴ(野党人権運動家)から大統領はオディンガである、発言が始まり、
両陣営から意見が出ました。キバキ大統領の顔をお伝えできませんが、病人みたいに灰色!
司法大臣から「裁判で」、そこで新議長も弁護士だかその専門家出身で、それら意見を司法全書を片手に言いぬけています。
司法裁判長官ワコ氏が答弁し裁判に持ち込むべきと述べました。

この影響から日本人観光業者会社達が集まり、日本大使館に外務省危険度を低めるように働きかけていたことを伺いました。
観光利益を失った状況は理解できますが、まだ今後の状況が見えない時期に営業開始することは、特にサファリに出る道中で何か発生したら!
どうするのでしょう。

明日からの3日間国内デモについて野党側から何も出ていない(SMS大使館)ので、継続されるのでしょう。
ナイロビ市内は正常ですが、物資の届かない地方でどのように治安が正常化するのか読めません。
ナイロビにウガンダ兵は到着した模様。アナン情報は有りません

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*