Wed, August 22, 2018

国会議員が射殺  by 早川 千晶


国会議員が射殺  by 早川 千晶    2008年1月29日15:54

昨夜(というか今日の早朝)、エンバカシの国会議員(ODM)ムガベ・ウェレ氏が自宅前で何者かに射殺された。
今日は早朝からキベラで戦いが起きていると、朝7時ごろにリリアンから知らされた。
マゴソスクールの2階から線路付近がよく見渡せるのだけれど、線路の上にすごいたくさんの人がパンガ(ナタ)を持って出ていると。
今日は私たちは朝からマゴソの子どもたちを連れてキテンゲラのサイディアフラハに行くことになっていたのだけれど、
危なくてマゴソを出てくることができない。
マゴソに登校してきた子どもたちも、とりあえずいったん自宅に帰す。

キスムのそばでも群衆が列車の線路をひっぺがえしている様子がニュースで流れていた。

ナイロビでも各地で騒動がはじまっているもよう。
キベラ、ケニヤッタマーケット周辺、ダンドーラ、カヨレ、ウモジャ、カワングワレなど。

実は昨日の夜遅く(夜11時半ごろ)に車を運転して自宅に帰るとき、すごく気持ちの悪い月が出ていて、
その月をよく見たくて見晴らしのいいところまで車を走らせたのですが
どんな月だったかというと、地平線あたりの低いところに、すごくでっかい半分の月が出ていた。
唖然とするほど大きくて、不気味な色だった。
よく満月が出てくるとき、地平線からびっくりするようにでっかい月が出てくることがありますが、あんなかんじなのですが、
それが満月ではなくて半分でした。
あれって一体なに?

最近、リリアンは、暴動センサーが働くようで、こういう日は騒動が起きるという予言をするようになった。
彼女の説によると、朝からからりと晴れている日は、何も起こらない。
どんよりとした雲に覆われて、今にも雨が降りそうだが降らない、そしてなんだか気持ちの悪い不気味な空、
そんな空が出ているときは、人が死ぬ。
というのがリリアン説ですが、今朝は晴れているんだけれどナイロビはすでに不穏です。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*