Tue, June 19, 2018

明日も全国行動か!? by 神戸 俊平先生


明日も全国行動か!?    by 神戸 俊平先生     2008年02月08日06:50

2月6日、JICA(JOCV)の帰国が始まった。任地にそのまま荷物を置いてナイロビに上がってくるとホテルに缶詰にされた隊員は
フラストがたまっていった。JICAは外務省危険度2-3で迷いに迷い、帰国決断した。そこで隊員は調整員と面談後、順次帰国していった。
原宿事務所に来てくれた日本語教師Tさん、冷蔵庫修理してくれたYさん、ブンゴマで稲作指導するHさんらが今日5時のエミ航空に乗って帰った。
留まる隊員には帰国のお土産買いに忙しい人、ケニヤが好きで一日でも長く留まりたい人、JICA対応に腹立てる人、悲喜こもごもである。
コフィ・アナンの仲介は功を奏さず拒否され、明日(9日)は再び全国行動が起こされようとしています。
明日はまた土地争う地域で殺されたキムタイ議員の葬式があります。
近隣諸国の内戦混乱を尻目に40年の平和な時代をすごし、ケニア人自身がショックで認めがたい暴動発生です。
投票発表後、政治問題から潜在していたLand Tenure とPoverty 問題に転化し、1000人の死亡者と50万人の被災民を出しました。
にもかかわらずナイロビ市内はいつもと変わらずに動いています。
富裕層と政治問題と関わりのないところでケニア人は殺され、苦しんでいます。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

イベント情報をいち早くお知らせできます。


Leave a Reply

*